スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときメモGS2

2006.02.25 17:44|ときメモGS
あわわわ。連続投稿すみません。でも、でも、今久々に「SIGNAL」聞きながら公式HPを覗いたらー!新キャラ二人って森川智之さんとうえだゆうじさんなんですね~。それからそれから中井和哉さんも!うわぁ感動。この三人に名前呼んでもらえるんですか?今ちょっと本名プレイ考えました(待)。

え~森川さんは遅まきながらも「学園ヘヴン」の中島役から注目しておりました。担任だって!そして中島とは全く違ったキャラです。うえだゆうじさんは「きまスト」には出演されてましたが、プレイしてませんしその後は・・・だったので、お待ちしておりましたとも。あとはゾロ(中井氏)ですよ、ゾロ。幕末恋華には出演されてましたが、攻略前にゲームそのものから脱落してしまったので嬉しいです。

さすが「ときメモ」キャストが豪華ですねぇ(今頃気づいたのか)。あとは王子の声にさえ目をつぶれば・・・。ファンの方には申し訳ありませんが苦手なんですよねぇコルダの頃から。とにもかくにもやっぱりものすごく楽しみなソフトです。
スポンサーサイト

テーマ:乙女ゲー
ジャンル:ゲーム

十六夜記 リズ

2006.02.25 16:15|遙かシリーズ
忙しかった・・・・・。さすがリズ先生ですね。二章何回プレイしたでしょうか。でもリズ先生のルートは十六夜記の方が好きです。分かり易いし。

無印ではわかりづらかった先生の行動も十六夜記では納得。そして神子と共に八葉として戦った思い出だけを胸に、独りで生きていこうと決心したリズ先生の背中にちょっとジーン。でもそこはさすが漢前の神子。「先生なしでは幸せになれません!」(ウロ)とのたまい、先生ゲット。EDスチルの眠っている神子が幸せそうでした。

あとこれは余談ですが、今回の天朱雀はキャラがやっぱりいいですね。彼が仲間になるとなんだか頼もしくてホッとします。どんなことがあっても必ずなんとかしてくれそうで。

で、その後また銀と知盛の最終章やっちゃったりして・・。やっぱりこの二人の方が肝心の八葉たちより力入っているような気がするんですけど。さらなる続編の「迷宮」には出てこないのかしら?幻影というキャラはどうみても父ですよね。別にこの人とは恋愛したくないけど。この人に導かれて息子たちに逢えたりする?しないか。

それにしても大御所、ここまでの商品展開を最初から考えていたのでしょうか。発売日もそれほど離れてはいないし、やはり商法なのかとも思えます。そしてアンジェのようにまたまた同じキャラを落とすのかと思ったら「迷宮」はちょっと購入悩み始めました。新キャラが一人でもいれば話は別ですが。なんたって今度は神子がお助けキャラですからねぇ。もはや根本から違ってるよ・・・・。春のゲームは「ラブレボ」や「ネオアン」で十分楽しめそうですし。そして「フルキス2」はさらなるパワー全開の上、システムも相当改善されているようで好印象。ユーザーの声をきちんと聞いてくれている姿勢がナイス。

テーマ:遙かなる時空の中で
ジャンル:ゲーム

新作

2006.02.24 17:37|その他乙女ゲーム
業界初の乙女18禁ゲームを開拓した美蕾さんですが、本当に新作発表が早いですね。先日「光のつばさ」(これはもう完全スルー)が発売されたばかりだと言うのにもう新作の発表ですか。公式HPには載っていませんが雑誌に載っていた仮タイトルが「死ぬまで青春」だとか・・・・・そのあまりのセンスのなさに脱力しました。

いやもうこのメーカーさんのソフトはよっぽどのことがないと購入しないと思いますが、よりによってこのネーミング。熟年ロマンス?と思った人も多いことでしょう。まあ確かにヒロインが28歳とやや高めの設定ではありますが。とりあえず私は世の乙女たちのレビューを楽しませていただくことにします。

そして新作といえば「ときメモGS2」。巷ではOPムービーが発表になったようですね。見たいなぁ。1の時もOPでもはや骨抜きになりましたから。夏に帰国するころには発売されていることを願って。

「星の降る刻」追記

続きを読む >>

今後の乙女ゲー購入予定

2006.02.22 23:16|つぶやき
うーん。本当に悩みます。システムはまさにD3という話のラスト・エスコート。絵も好みではないのでスルーしようと思っていたんですが、私がいつも参考にさせていただいているサイトさまが珍しくも絶賛されていたので心が揺れました。ああどうしよう。4,800円(アマゾンで4,284円)

「ラブレボ」は購入決定。6,800円
「そしてこの宇宙に・・」6,069円(アマゾン)。これは買うつもりだったのですが、ネットで情報を見てレビュー待ちにしようかと。
「遙か迷宮」4,284円(アマゾン)多分買ってしまうでしょう
「ネオ・アンジェリーク」6,783円(公式)公式予約済み
「マイネリーベⅡ」6,230円(アマゾン)思案中
「フルハウスキス2」6,069円(アマゾン)思案中

うわ、これ全部買ったら約4万円?うーん春購入は3つまでかな・・・。

・・・・え・・・選べない。

なにしろ春に買えないとあとは夏購入になってしまうので。今回は「マイネリーベⅡ」と「そしてこの宇宙に・・・」を割愛しようか。(それでも3万円近い)。収入のない主婦の私にはイタイ出費です。「乙女ゲーム買うお金頂戴」とは夫には言えないしね(苦笑)。

夏には「ときメモGS2」も発売されているでしょうし「月ノ光太陽ノ影」は欲しいところです。他のソフトもネットでレビューを見ていると欲しくなってしまうだろうなぁ。それでもあまり無駄遣いは出来ないのでよっくよく考えることにします。

ガクプリ 日吉若 途中脱落

2006.02.22 20:21|テニプリ/学プリ
以下日吉ファンの方はどうぞ回れ右で。


氷帝はあと日吉だけだったし巷の評判が大変よろしいのでプレイしてみましたが、途中で気力が萎え脱落いたしました。あまりにも彼が大人気なくて(ヤツらは中学生だってば)。

一体どこが萌えなのかわかりません。単に好きな子をいじめたいってのであればわかりますが、普段一緒に仕事をする相手への言動があまりにもひどい。跡部の言うとおりまさに八つ当たり。仁王の仕事すっぽかしイベントもそうでしたが、普段の言動は相手を好きになる上でとても大切かと。私だったらそんなヤツは到底好きにはなれません。

結局最後の告白を見る気もせず脱落いたしました。あとはどうしようかなぁ。青学をほとんど攻略していないので乾を、そして十六夜記はリズ先生を攻略してみるか。

テーマ:学園祭の王子様
ジャンル:ゲーム

星の降る刻 フルコンプ(笑)

2006.02.21 18:58|その他乙女ゲーム
なんだかなぁ。時間があったものでフルコンプしちゃいましたよ。だってスキップ機能が潔くって(違)。


浅倉祐介・・・デフォの王子?そして本当に王子。この人が自分の運命から逃げてきた理由がよくわかりません(それはアナタがスキップしてるから)。幼馴染みということで恋愛感情の持ち方についてはまあ納得。

松浦隆史・・・声が浜田さんなんですね。銀や知盛とは全然違いましたよ。ビックリ。

有馬俊・・・・どうにもならないEDでした。乙女ゲーなんだから救いがないと。

金森葵・・・・そしてこっちはもっとどうにもならない。これで何に萌えろと?運命上書きできるわけでもないしね。あ、でも階段から落ちて助けてくれた時の心底嫌そうな顔にはちょっと萌えました。

真壁龍之介・・ルックスは好みの部類。

大道寺隼人・・ショタは。(ナニ?)

金森匡・・・・最初に攻略したんですが攻略相手の中では一番よかったかも。

ダブルストーリー・・俗にいう逆ハーです。思いっきりコメディ化してますが、笑いという点で一番面白かったです。全員幸せそうだしね。オマケのスチルはやっぱり笑うところ?


総評

続きを読む >>

テーマ:乙女ゲー
ジャンル:ゲーム

星の降る刻

2006.02.16 19:04|その他乙女ゲーム
すっかり積みゲーとなっていた「星の降る刻」を取り出してみました。っていうかプレイしたんですけどね。・・・・笑いました。まだ一人しか攻略していないのでなんとも、ですが、うーん十六夜記の後では・・・・。

スチルや立ち絵はまあ高水準だと思います。だけどテーマをうまく生かしきれていない上、浅~い恋愛イベントや戦闘時に流れるひと昔前のRPGのようなBGMなど、チープな雰囲気が否めません。攻略対象がみんな異世界人っていうのはまあいいとして、いきなりアーサーとかガイアとかシオンとか言われてもね・・・つい吹き出してしまいました。そして極めつけはヒロインを襲った人物がいきなり大木を引っこ抜くシーンでしょうか。ここ笑う所ですよね?・・・・・はぁ。

愛が芽生えるまでの過程も短すぎて、「君たちの愛がライトジェムを復活させたんだ」とアーサーに言われて、なんだか穴があったら入りたい気持ちになりました。ちなみに攻略したのは金森先生(=シオン)です。ヒロインなにもかも捨てていいのか?

続きはどうしようかなぁ。スキップ機能全開で時間があったらやってみようか・・・・。

テーマ:乙女ゲー
ジャンル:ゲーム

泰衡&知盛

2006.02.15 16:34|遙かシリーズ
噂の泰衡ED見ました。これは正式EDではなく「完」になってしまうけれど、まあ大御所からのオマケみたいなものなんだなと。だって泰衡のあのルックス&性格ではまた泰衡EDを望む声が出そうだし。ちなみに彼の苦悩が垣間見えた会話です。

銀はあなたを裏切っていたわけじゃない。あなただってわかってるんでしょう?」
「ああ、白龍の神子に言われるまでもない」
「だがあれがいてはならないのだよ。平泉が勝つためにはな」
「勝つ・・・ため?」
「他に理由があるか?俺は勝たねばならない」
「俺はもう俺の守るべきものを選んでいる」
「何も捨てずに守れるものなどどれだけあるだろうな。それほどにあなたは恵まれているのか?神子殿。」
「フッ・・・くだらん。意味もない戯言だ」


ここでね、グッときました。平泉を守るために非情にならざるを得ない彼の本当の気持ちが見えたようで。もともと好きなタイプでしたので彼について行くことになんら異存はありませんでした。(笑)

そして知盛。正直無印の頃はどうでもよかったんですが、十六夜記で一緒に行動したり舞を舞ったりしているうちに情も移り、最後には絶対死んでしまうヤツをなんとか生かしたいとまで思うようになりました。で、行きましたとも時空を越えて。

続きを読む >>

テーマ:遙かなる時空の中で
ジャンル:ゲーム

し・・・銀~。

2006.02.14 19:27|遙かシリーズ
ああついに銀に辿り着きました。九郎とリズ先生は気が向いたらってことで(ナゼ)。

一言でいうと良かったです。でも「遙か」というゲーム全体から見てよかったのか、と言われると微妙です。なにしろこれでは肝心の八葉たちが形無しじゃないですか。

銀ルートはある意味乙女ゲーとしてベタな展開ではありますが、美味しいですね。世の乙女たちが骨抜きになるのもわかります。時空を超えて御簾越しに逢える重衡にはトキメキました(あの振り返りは首の回り方がちょっと怖かったけど)。なにしろ文武両道、雅を解し眉目秀麗、さらに天然のたらしときたらそら大抵の乙女は惚れます。そして物議を醸したあのエンディングはまあどう見ても結婚式のお色直しでしょう。

そして銀ルートで忘れてはならないのは泰衡です。彼は一見悪役ですが彼の苦悩はまた深く、そして切ないものがあります。銀が崖から落ちたときの選択肢で「銀はあなたを裏切っていた訳じゃない」を選ぶと彼の苦悩が垣間見えます。その言葉、平泉を背負って立つ主ならではの重みがありました。もともと好みのタイプということもあり嫌いにはなれませんでした。泰衡EDもどきがあるらしいので次回トライしてみます。そうそう泰衡の声はテニプリの千石さんと同じ鳥海さんなんですね~。そんなことがちょびっと嬉しかったりしました。

しかしここだけの話、崖から落ちた後も、やられてもやられても這い上がってくる銀にえもいわれぬ恐怖を感じたのは私だけでしょうか・・・・。

テーマ:遙かなる時空の中で
ジャンル:ゲーム

ログ移動

2006.02.12 17:04|つぶやき
ココログのゲームに関するログをインポートして、
ゲーム関係はこちらのブログで統一することにしました。
現在カテゴリーその他を整理中です。
どうぞよろしくお願いします。

十六夜記 弁慶

2006.02.11 12:48|遙かシリーズ
やっとこさ弁慶に手をつけました。残るは九郎と銀と知盛。すっかり出遅れましたがやっぱり楽しいなぁ。なにしろ背景、立ち絵、綺麗なんですもん。他のゲームから戻ってくると余計に感じますね。

さて弁慶です。いや今回の天地の朱雀はよかったです。これまでのシリーズでは天地ともにショタだったこともあり萌えきれませんでしたが、ヒノエにしろ弁慶にしろ萌えどころがたくさんありました。どちらかというとやっぱり私は弁慶の方が好きですが。そして甘さという点では十六夜記に軍配ですね。弁慶の神子を護りたいという気持ちがしっかり伝わってきました。最後は・・・最後は・・・BAD?と一瞬思いましたが、よかったハッピーEDで。しかし彼は現代でも頭になんか被ってましたね(あれはパーカー)。エンディングスチルは無印の勝ち、ってことで。

テーマ:遙かなる時空の中で
ジャンル:ゲーム

これからの乙女ゲー

2006.02.07 23:29|その他乙女ゲーム
帰って参りました。都会でしたよシンガポールは・・・。いやはやこの国はまだまだですな・・・。


ところでフルキス2。相変わらず絵はどうにもならない感じですが中身は面白そうかな。初回作にはなかなかやられましたから悩むところです。だって「十六夜記」も終わってないし「星の降る刻」なんて忘れてたし(待)。

ラブレボは一応購入予定。ときメモGS2も春に出れば買う予定・・・あとは「そしてこの宇宙に・・(長いのよタイトルが)」も。「Love☆Dorops」はどうしようかなぁ。「月ノ光太陽ノ影」は買おうかと思っていたけれど発売日が4月21日ですか・・・購入が夏になってしまう。ラストエスコートは評判はまずまずのようですが、絵がどうにも、なのでスルー。中古とかで安くなったら買うかも。ネオアンジェリークは・・・これは買うよ(システムがまるで遙かもどきだけどね)・・・あとラビリンスはね・・・これも買っちゃうな・・・(・・・なんとなく悔しい気持ち)。マイネリーベはそもそも1はほとんどプレイしないうちに売ってしまったので2はどうしよう。「鉄橋爆破指令」とか訳分からないんですけど。ただ前回のようなシステムではなくアドベンチャーになったということなので、世の乙女たちの意見待ちということで。

本当に購入に悩むほど乙女ゲーが発売されるなんてちょっと前までは考えられませんでしたね。今後は生半なことでは売れませんよ。大御所、今度はフルボイスお願いします。
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カレンダー(月別)

01 ≪│2006/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。