スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオアン ジェイド終了

2006.10.27 19:44|アンジェシリーズ
久々に起動してプレイしてみて、石を集めたり、幸福度を上げたり・・・面倒だったことを思い出しました。

で、ジェイドですが、噂どおり台詞が凄かったです。まあ彼が人間ではない、と思えばあの世迷言の数々も仕方がないのかと・・・。

そして彼がアーティファクトである限り、エンディングを迎えてもヒロインは一緒にいたら自分だけ年を食ってしまうではないの、と至極当たり前のことにエンディング1を迎えてから気づきました。(遅い)

そうなるとやっぱり聖地女王エンディングでないと、ということでエンディング1,2両方見るハメに。ムービーのジェイドは瞳がさらに金色で別人かと思いました。スチルもイマイチ。

でもさすが大御所。全体にツボは押さえた作りでした。
そして今回のアンジェリークはこれまでの失態(トロワとかトロワとかトロワとか・・・)をすべて帳消しにしたのではないかと思われる素晴らしいシステムでした。オート&スキップ機能、イベント回想、スチル、ムービー回想、Qセーブ&ロードとこれまでの乙女ゲーの中では最高峰と言えるのではないでしょうか。

是非、次回の「遙か」もこんな感じでお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:ネオロマンス
ジャンル:ゲーム

迷宮 終了

2006.10.27 12:45|遙かシリーズ
時の結晶を全部集めたわけではありませんが、全員終わりましたので今度こそ終了です。

九郎は、まあ・・なんですか、期待を裏切らないストーリーでした。実は十六夜記の九郎はプレイしていないのですが、時の結晶にはしっかりエンディングスチルがありましたね。

そしてつらつらと時の結晶を見ていたのですが、うーんやはり「遙か」は乙女ゲーの中では秀逸ですね。アンジェシリーズも好きですが、私は「遙か」の方に軍配。迷宮は台詞やシーンのコレクションディスクとしてもよかったです、宝箱集めは面倒でしたが。

さて次は、ネオアンのジェイド、プレイしていないので、やりますか。

テーマ:遙かなる時空の中で
ジャンル:ゲーム

迷宮 リズ先生

2006.10.20 18:49|遙かシリーズ
リズ先生終わりました。

絆を深めるために迷宮に入り浸りの3周目でした・・。

そ・し・て!
無印・十六夜記・舞一夜をプレイした来た中で、
リズ先生は迷宮が一番、私はよかったです。
あの、終わりの見えない孤独な戦い。
なにもかも神子のために。

失われた記憶の欠片をボロボロと
ダキニ天が落とした時、
初めてダキニ天に怒りを感じました。

一筋縄ではいかない攻略でしたが、
なかなかに楽しかったです。

で、九郎。まだ途中です。
絆の関を全然越えていないので、
また迷宮で怨霊退治に明け暮れねば。
それにしても弱いぞ、九朗。(それは貴女のせいです)

テーマ:遙かなる時空の中で
ジャンル:ゲーム

バトラーズ 体験版

2006.10.19 22:30|乙女18禁ゲーム
体験版が公開されていたので、プレイしてみました。

ナニコレ、短い

これじゃあ全然分かりませんが。
そして音楽がブツブツ切れて台詞が聞き取りにくいです。
製品版ではそんなことはないのでしょうが、
ここって、前代未聞のバグゲームを発売してしまった
某ブランドの姉妹ブランドでしたっけ・・。
さしあたり体験版では不都合はなかったようですが、
やはり怖いのでひと通りプレイした後、
ファイル全てさっくりゴミ箱行きに。

内容的には台詞のノリツッコミがまあまあ面白かったものの、
それは乙女ゲームとしての魅力とは関係ないので
購入は世間の乙女たちのレビューを確認してから考えることにします。

それよりも今はやっぱりパレドゥレーヌが期待です。
今、カウントダウンコマーシャルボイスが聞けますが
これがなかなか楽しい!
そして、私の中でヴィンフリート株が何故か上昇中。

11月に友達が遊びに来るというので持ってきてもらおうっと。


運命の迷宮 ヒノエ

2006.10.19 22:06|遙かシリーズ
「緋色の欠片」をどうにもプレイする気にならないので、
「迷宮」の続きをプレイ。

残ってるのは、九郎とヒノエとリズ先生。
ってことでヒノエです。

相変わらず歯の浮くような台詞全開。
じらすような台詞もありましたが、
それはきっと頭領として熊野に帰らなければならないという
彼の心の内の苦悩なのかもしれない、と思えば
癪に障るものの、許せました。(何様)

クリスマスはヘリコプターでしたね。
どこでそんなことを思いついたんだか・・・。
アレ、神子が誘わなかったらどうしたんでしょう。
ちなみに私はヘリには怖くて乗れません。

で、次はリズ先生なんですが
ああ、この人はやっぱり一筋縄ではいかないのですね。
今日は終わりませんでした。

そして最後に九郎が残っています。
(なぜなら一章の絆の関に失敗したままのデータを使っているから)
私の中では今回の地青龍はイマイチなので、
意欲が湧かないというか・・・。
でも「緋色」をプレイした後だと安心してプレイできるので、
きっと地青龍も攻略し、コンプリートできることでしょう。

テーマ:遙かなる時空の中で
ジャンル:ゲーム

パレドゥレーヌ

2006.10.17 20:12|その他乙女ゲーム
公式が随分更新されているようなので覗いてみました。

領地の経営に騎士の運営そして麗しい騎士たちがよりどりみどり。ムクムクと購買意欲が湧いてきました。

そしてサンプルボイス
アストラッドのサンプルボイスの台詞、風の守護聖様かと。攻略人数も多そうで、アンジェリークを彷彿とさせますね。システムはもっと難しそうですが。PCゲームは環境的にPS2よりもプレイしやすいので、これは買ってしまうかも、です。

ちなみに私のお目当ては、コルネリウスとユークレースです。

テーマ:PCゲー
ジャンル:ゲーム

緋色の欠片 鬼崎&鴉取ED

2006.10.17 18:57|その他乙女ゲーム
やっぱりダメかも・・。

鬼崎攻略後、評判のいい鴉取も攻略したんですが、また寝ちゃったよ・・・。

なにしろ読む部分が多すぎる。2週目になってスキップしていても、ものすごく時間がかかってイライラします。だって、話がたいして面白くないんだもの・・。

この2人に限ってのことかもしれませんが、起承転結が同じ、っていうのがもうねぇ。抱える秘密が違うだけで流れが一緒では正直飽きます。ヒロインの対応もほとんど同じだしね・・・。

以下ちょこっとレビューです

続きを読む >>

テニプリ ドキサバ公式サイトオープン

2006.10.17 09:46|テニプリ/学プリ
「ドキドキサバイバル」の公式サイトがオープンしましたね。

まったく上手いこと攻略相手を分けてくれますね、当たり前だけど。

山篇

青 春 学 園
越前リョーマ 手塚国光 大石秀一郎 不二周助 菊丸英二 乾貞治 
河村隆 桃城武 海堂薫 

不 動 峰
橘桔平 伊武深司 神尾アキラ 

氷 帝 学 園
忍足侑士 向日岳人 日吉若 

立 海 大 附 属
真田弦一郎 柳蓮二 切原赤也 仁王雅治 柳生比呂士 

海篇

氷 帝 学 園
跡部景吾 宍戸亮 鳳長太郎 芥川慈郎

山 吹 中
南健太郎 亜久津仁 千石清純

聖 ル ド ル フ 学 院
赤澤吉朗 観月はじめ 不二裕太

六 角 中
葵剣太郎 黒羽春風 天羽ヒカル 佐伯虎次郎

立 海 大 附 属
幸村清市 ジャッカル桑原 丸井ブンタ

比 嘉 中
木手永四郎 平古場凛 甲斐裕次郎

仕方がないので両方とも予約しました(虚笑)
手塚と忍足は山篇で一緒ですが、なにしろ幸村、千石が海篇なので。

それにしてもサバイバルと聞いていましたが、合宿所があるんですね。無人島っていうか、キャンプ場?テニスコートもあるのでしょうか。

さしあたり、12月発売の方は12月中には手に入りそうなので、楽しみに待つとします。

遙かなる家族計画

2006.10.15 22:47|つぶやき
ネットを徘徊していて見つけた占いをやってみました。
その名も「遙かなる家族計画」(なんのこっちゃ)

まずは本名でやってみたら
・・・リズヴァーン家の嫁になりました

家族構成は、
夫→リズヴァーン
長男→弁慶 (頼りになりそう)
次男→九郎 (やんちゃバカ)
末っ子→景時(こりゃ一番手がかかるな)

貴女を取り巻く環境は、
愛人→敦盛 (日陰の身がこれほど似合う人も・・)
ストーカー→譲(これはこれで怖い)
近所の床屋のお兄さんは→将臣(何故床屋?)

旦那様から一言→
「ぺっとぼとるは、りさいくるに出せ。」 (出してます)

●開運ダンスは、日本舞踊です!

そして次に乙女ゲーをする時に使っているHNでトライしたら
・・・ヒノエ家の嫁だそうです

家族構成は、
夫→ヒノエ
長男→譲 (真面目一本やり)
次男→リズヴァーン(放っておけそうな2番目)
末っ子→九郎 (やっぱりやんちゃバカ)

貴女を取り巻く環境は、
愛人→弁慶 (なんてスリリング)
ストーカー→知盛(これが一番怖いよ・・)
カラス→敦盛(ここでも人外・・)

旦那様から一言→
「目隠しと、縛られるのどっちがお好み?」 (どっちもイヤです)

● 開運ダンスは、フラメンコです!

「遙か」ファンの方お暇な時にいかがですか?(笑)

緋色の欠片

2006.10.13 19:38|その他乙女ゲーム
なんと言ったものか。冒頭から「うわーこれはちょっと・・」と思ってしまいました。これは乙女ゲーではないのでは・・・。選択肢の少なさはもちろん、恋愛の途中経過がどうにも。サウンドノベルだろ、これ。

そして私個人の感じ方かもしれませんが、某伝奇アドベンチャーPCゲームの匂いがします。幕間とか、戦闘シーンの演出とか、台詞とか、選択肢をひとつ間違えると即バッドになってしまうところとか、バッドEDになるとヒントをくれる二人が登場するのもまんまです。曲にも相似性を感じます・・。でもちょっと似てるような気がするだけで、内容的にはかなりの差があります。

まだ鬼崎しか攻略していないのでなんとも言えませんが、選択肢が少ないのと説明台詞が多いのとトキメキがないのとで、オートプレイしながらうっかり昼寝してしまいました(待)

以下ちょこっとレビューです

続きを読む >>

舞一夜 季史現代ED ノーマルED

2006.10.13 19:06|遙かシリーズ
全員のエンディングを見て、
彼の現代エンディングに取り掛かりました。
彼と戦う時に恋花光臨はなんだか使いづらかった・・・。

そしてスチルが一枚埋まっていなかったのでノーマルEDも見ました。

いいじゃないですか、ノーマルED。
全員にほどよく愛されている感じがして、
最後の戦いも一番カッコよかったです。

以下、季史レビューです。ちょっと長いです。

続きを読む >>

テーマ:遙かなる時空の中で
ジャンル:ゲーム

舞一夜 コンプリート

2006.10.13 18:44|遙かシリーズ
コンプリートしました。
いいですね、この長さ。

それは、でもおそらく、
これまで無印から八葉抄までやってきた
プレイヤーだからこその楽しみかもしれません。

なにしろ八葉とは旧知の仲ですからね。
彼らの苦しみもこれまでの経緯も
何もかも知っている訳ですから
たとえどんなに短いエピソードでも
感情移入できるできる。

そして新キャラに至っては、
最新キャラだけあって、
いいところ取りだったなぁ。

以下レビューです。

続きを読む >>

テーマ:遙かなる時空の中で
ジャンル:ゲーム

乙女新作

2006.10.12 12:49|つぶやき
乙女ゲームも随分メジャーになりました。
コンシューマだけでなく18禁も増えましたね~。

そしてお約束のD3。相変わらずリリースが早いです。さすがです。絵やら設定やらがなにもかもがお約束通りで違う意味で安心です。

ちなみに私は買う予定はありませんが。

そのD3の新作は「マーメイドプリズム」。現実世界と人魚の世界を行き来するという・・・。と公式を覗いてきました。人外は好きですが、男性の下半身が魚っていうのはビジュアル的にどうなんでしょう。

そして「黒の王子」。大蛇丸にしか見えないのは私だけですか?そうですか。

舞一夜 泰明ED 季史ED1

2006.10.06 19:29|遙かシリーズ
今回の舞一夜は演出が抜群です。
ちょっと感動してしまいました。

以下レビューです

続きを読む >>

テーマ:遙かなる時空の中で
ジャンル:ゲーム

舞一夜 友雅ED 頼久ED

2006.10.04 18:57|遙かシリーズ
た・・楽しい。

攻略も楽だし、なにより雅やかな雰囲気が大変よろしい。それに甘い、と私は思います。スチルもまずまず綺麗ですし、ファンディスクみたいな感じでとても楽しんでプレイしています。

以下攻略レビューです

続きを読む >>

テーマ:遙かなる時空の中で
ジャンル:ゲーム

舞一夜 プレイ開始

2006.10.02 18:42|遙かシリーズ
やっとプレイを始めました。

まださわりしかしていませんが、なんというかやっぱりこれが「遙か」の世界だなぁ、と。源平は雅とはほど遠かったですからね。

噂には聞いていましたが確かにボイスは少なめです。でも基本的に重要そうでない台詞は問答無用でスキップしてしまう私にはそれほど気にはなりませんでした。

それにしても永泉、相変わらず後ろ向きだね、君。友雅の台詞はさらに難解になっているし、泰明は声にドスが効いてる・・・。
まあそれでも懐かしい顔ぶれが元気そうなのは嬉しかったです。

まずは友雅から。続いて頼久かな。

テーマ:遙かなる時空の中で
ジャンル:ゲーム

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)

09 ≪│2006/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。