スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレドゥレーヌ 修羅の道

2006.12.23 16:02|パレドゥレーヌ
今回はレミーとコルネリウスとギィ狙いで。いやあいろいろ意外な展開があって、これはこれで楽しかったです。

以下ネタバレです
初期雇用騎士にレミーとコルネリウス、ヴァルター、イリヤを選んでレッツプレイ!

「カラス騎士レミー」はいろいろな謎を抱えていて、最後になってもその謎は謎のままでした。誓約前夜に彼を選ぶと、
「まったく、最後の最後に僕を呼ぶなんて。そんな物好きなことをするからこんなことになるんだ。」とスチルつきで登場してちょっと萌え。
そして「私とそのカラス、どっちが大事?」という私なら絶対に言わないであろう台詞を選んだら、
「その質問は怖いね。大抵の陰謀に巻き込まれても、平然としている自信がある僕なのに。」
そしてどちらも大事だと、さらっと言ってくれてさらに萌え。
なにしろコイツは出来るヤツなのでちょっと惚れました。ユークレースには負けるけどな、外見で。

「シスコン騎士コルネリウス」はしっかりものの妹のフランソワの手紙が可笑しかったです。最後の方になると訳のわからないことをつぶやき、去っていく彼。殿下を意識し始めてからずっと挙動不審なので「・・・なんというか煮え切らない男ですわね」とエクレールに言われる始末。でも最後にはちゃんと「愛してる」と言ってくれます。

さて、そして「魔戦士ギィ」。彼を途中で雇用してあとは贈り物攻撃と覇道を上げてエンディングを迎えたんだけど・・・ナニコレー! お・・・面白いっていうか、怖い。闇の騎士王になっちゃったよ。ヴィンフリートも別人だよ。でもディクトールや黒貴族が嬉しそうでなんとなく嬉しい私(待)。女王殿下、闇の者を味方につけ、周辺諸国までをも征服しようとしています。その陣頭指揮を執るのは当然「炎の狼」「死の騎士」の異名をとるギィ。
「我が女王殿下。全ての騎士と兵の準備は整いましてございます。」
そしてヴィンフリート「これより敵を滅ぼす勇士たちに、一言お言葉を賜れますでしょうか?」
このあとの選択肢が・・
「この私に勝利を!」
「皆殺しよ、捕虜はいらないわ!」
「大地を異端者たちの血で染め上げるのよ!」

王女殿下・・こんなに過激な方だったとは・・。これ、どれを選んでも戦士たちの士気が上がります。そして闇の騎士王による暗黒の時代が始まろうとしている・・・とかなんとかで終わりです。

こんなエンディングもあるのね・・。これまでのプレイではお利口さんにしてきたので意外でした。そしてこの時のプレイではいろいろと忙しくて手が回らなかったせいで、エピドートが失踪し、バスティアンとオルベジーヌは革命で殺されてしまいました。まあ放っておいたからね・・。

次は誰にしようかな~。
スポンサーサイト

テーマ:パレドゥレーヌ
ジャンル:ゲーム

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。