スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷室先生親友告白ED 攻略のコツ

2007.05.24 10:19|ときメモGS
氷室先生親友告白EDを無事に迎えられたので、
以下にほんの少し、攻略のコツを書いておこうと思います。
私の攻略方法ですので他にもっと楽なルートもあるかと思います。
あくまで参考までに。
私の場合はまずは氷室先生狙いで開始。
一年目は吹奏楽部に入りパラ上げに専念。
学力・運動・気配りを念入りに。バイトは喫茶店。
パラ上げしつつ「課外授業」は必ず受けます。
そしてなるべく他のヤツも出して八方美人に。
そうこうするうちに今度は「社会見学」という名目でデートに誘われます。

私の場合は先生攻略データの2年目3月から親友ルート攻略を始めました。
ちなみにその時のパラは以下。

学力157・運動118・流行117・芸術264・気配り155・魅力50

このとき先生はトキメキ、姫条が友好でした。
さて、ここから姫条の告白条件クリアのために流行と運動のパラ上げに勤しみます。
休日を有効に使うために部活もやめます。

パラさえ上げていれば、せっせとデートをしなくても勝手に好感度があがるので、
姫条とのデートは一ヶ月に一回くらいでOKです。
できるだけ日曜日は先生のために空けておきましょう。

そして先生のハートをなるべく満タンにするべくデート時のタッチを頑張ります。
最初、5月の時点で親友状態にしたらLove値が足りなかったので、
9月に姫条との連続デートをして親友状態に。
親友状態になると通常時よりも放課後や社会見学に誘われることが多くなります。
ここでもタッチを頑張ります。
そして姫条のハートタンクが先生よりも増えないようにデート回数を抑えましょう。

そして3年目の2月のパラが

学力154・運動154・流行202・芸術275・気配り161・魅力64

でした。ここでもう姫条の告白条件パラは満たしているので、
この後は魅力ばっかり上げたりしたかな・・。

先生のハートタンクはほぼ満タン(Love値の上がほんの少し空いていた)、
姫条は85%くらいでした。
念のためお正月の祈願は恋愛成就で氷室先生、
チョコレートも手作りは氷室先生でした。

そしてめでたく親友告白EDへ・・・。
次回は鈴鹿でやってみようかな。






スポンサーサイト

コメント

参考になりました!
そっか、吹奏楽部に入るとパラや高感度上げるのに苦労すると思ってたのですが、途中で辞めればいいんですね!
目から鱗です(笑)

今は親友EDにちょっと疲れて
王子のノーマルで休憩を取ってるのですが
次、先生の親友告白に再トライします。
ありがとうございました~。

部活

そうなんです!
部活はやめてもいいのですよ。

ちなみに今私は鈴鹿を対抗ターゲットに
三原の親友告白EDを目指していますが、
最初に美術部に入って三原を登場させ、
一週間でやめて今度はバスケ部に入って鈴鹿を登場させました。
そして珠美を出したくないので、
バスケ部も夏合宿前にやめて今度は手芸部に。

とまあこういうサーカスなみのこともやったりしています。

そして現在三原の親友モードですが、
はっきり言って三原は氷室先生よりも
恋の相談役に向いていません。
まあもともと反応が予想できないんですが。

よっくんさんも先生親友告白EDの成功、頑張ってくださいね。
最高に面白かったですよ!オススメです。
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。