スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緋色の欠片 狐邑ED

2007.07.07 00:04|その他乙女ゲーム
やっぱり途中でえらく眠くなってしまった。
でも狐邑はわりと好みのタイプなので、まあまあ楽しかったです。




狐邑はその名の通り、狐でした。
あの青い炎は狐火なんだな。
変身姿が一番・・・・なんというか、コスプレ?
ふさふさの尻尾が4尾もあるんだよ。

さて、狐邑は自分が異形のものであるがゆえ
人間とは相容れないものと思っていて、
他の守護者たちのように、簡単になびいてくれません。
契約の時でさえ義務的です。

まあ好意はもちろんあるはずですが、
それがヒロインの台詞で補完ってところが笑える。
言葉に優しさがあったとか、眼に優しい光があったとかさ。

クライマックスはドライによって封印がすべて解き放たれ、
やっぱりヒロインが生贄って流れになったところで、ナイト参上。
しかし今さら逃げろ、と言われてももはやどうでもいい感じのヒロイン。
そんなヒロインに業を煮やして狐邑、種族を超えてついに告白してくれました。

今回のラスボスはやっぱりドライ。
コイツは反則的に強い。そして見事な悪役です。
まああとの流れは同じ。
見事封印して、皆それぞれの役割から解放されました。

EDではずっと一緒にいようという二人。よかったよかった。

それにしても本当にCGが美麗です。
つくづく無駄なテキストが多いのが悔やまれます。
次は誰だ、長髪メガネか。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。