スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緋色の欠片 狗谷ルート

2007.07.10 23:33|その他乙女ゲーム
さて、なんだかんだ文句を言いながらも続けています。
他にプレイするソフトも今ないしね・・・・・・。

隠しキャラをさわりだけ。


このルートでもあいかわらずヒロイン迷走中。
頭痛を抱えながらも封印が危ういとひとりで街をうろつきます。

そこに狗谷登場。

犬だ!いきなり匂いを嗅いだよこの人。
実際こんな奴がいたらすごくイヤだろうなぁ。
ところで留年して学校にも来ていないのになんで制服?

さて、その後もヒロインの迷走は続きます。
重傷者、行方不明者が出たバトルの後も、自分もみんなの役に立ちたいと
「私も見回りに」行くことに。それもまたひとりで。

あげくその夜、境内で見かけた不審者を自力で捕まえようとします。げろげろー!
それがどんなに危ないことなのか、自分と周囲の人間を危険にさらす可能性を、
さっぱり理解していないこの思考と行動。
まあこの不審者は狗谷なんですけどね。

だからこのシナリオは甘いっつーの。

いくらルートに入るためとはいえ、なんでこんな選択肢を選ばにゃならんのか。
狗谷にはバカだバカだと言われてますが、ホント、おっしゃる通り。
ヒロインにイラつくので、どうにも恋愛している気がしません。

このゲームは選択肢が少ないことが致命的なんじゃないでしょうか。
行くか行かないか、相談するかしないか、ひとりで行くか誰かと一緒かなど、
そんな選択肢しかないので、特定のルートに入るためには
この状況でお前バッカじゃないの?という選択肢も選ばなくてはなりません。

こいつを攻略したら次はこいつが攻略可能に、というシステムも意味不明。
なんでそんなシステムにする必要があったのか。
隠しはともかく、最初から全員を攻略できたって、
このゲームの内容的に全然不都合はなかったはず。
その上同じ説明の繰り返しやヒロインのつまらん独白が多いという
この拷問のようなテキスト量。jumee☆ohwell4R

続けてプレイして分かりましたが、誰のルートも流れは大して変わらないので、
強制スキップを駆使してもなんの問題もないってところがもうどうしようも・・・・。

まあここまで来たので狗谷は最後までプレイしますが。
「翡翠の雫」はレビュー待ち決定です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。