スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緋色の欠片 狗谷ED

2007.07.11 21:25|その他乙女ゲーム
狗谷ルートは狗谷のスタンスが他の人と違うので、
テキストも割りと読んだんですが・・・膨大なテキストもアレだけど、
もっときちんと日本語書いて下さい。(あ、コレ、今さらですか?)

おそらく敬遠と書きたかった部分が嫌煙となっていて、
前後意味不明になってしまったり。
ネットでレビューを読むともっとたくさん奇天烈な表現があるようですが、
常時強制スキップなので気づきませんでした。
校正を、誰もしてくれなかったんでしょうか。

そしてやはり元ネタはアレ(某PCゲーム)だそうです。
やっぱりねぇ。あれをどう料理したらこうなるのか。


狗谷は守護者として登場するわけではないのですが、
実は守護五家である犬戒家の実子です。
ここに典薬寮やらなんやらが絡んでくるんですが、
その辺はもうどうでもいいや(待)

狗谷ルート、最初はまだよかったんだけど、
散々「近寄るな」とか「関わるな」とか言ってたのは、
実は独りが寂しかったから、というベタな展開になってガックリ。
そしてまたもやヒロインの「私なんか、私なんか」という卑下攻撃。鬱陶しい。
このシナリオを書いた方はこういう女が好きなんでしょうか。

それから清乃を殺したという理由はあるにせよ、
芦屋に「殺してやる!」と叫ぶのもどうなの。
相手は既にヒトじゃないんですが、
それまでのヒロインの性格を考えると唐突な台詞に感じます。
それじゃあただの殺し合いじゃないですか。
巫女ならもっと違う言い方があるだろう?

絵は本当にうっとりするほど美麗なんですけどね・・・。

でもまあ狗谷が、
「たった一人で玉依姫をあらゆる厄災から守り、死んでからも守護を誓ったイヌガミの末裔」であり、玉依姫ではなくヒロインに忠誠を誓うところはちょっとよかった。
エンディングも攻略相手の中では一番糖度が高かったです。

狗谷はキャラ的には嫌いではなかったんですが、
あの犬耳コスプレはやっぱりどうにもいただけない。
蛇は変身しなかったんだから、ほかの連中も紋章だけでよかったんじゃ。

それから守護者がキスで覚醒ということは、全員が覚醒するためには、
ヒロインが全員とキス(乙女ゲーではまずありえない)しなきゃならない
ということになり、その設定が明らかに世界を狭くしています。
覚醒した全員が集まって気持ちよく勝利ってのも見たかった。

今後悲恋EDはする予定はないので、緋色の欠片は終了です。
カタルシスの感じられない、私には合わないゲームでございました。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは!

こんばんは、蓮さん!
ややお久しぶりです。ブログ復帰しましたのでご挨拶に参りました。その節は温かいコメントありがとうございました!
またこれからお相手よろしくお願いします!

フルキス2や緋色レビューはずっと拝見させて頂いてました。緋色は本当にね…絵が物凄く綺麗なだけに惜しいゲームなんですよね…。どうしてシナリオがあんなにも不味い事になってるのか。
だけどうっかり真弘先輩に転んだ私は、緋色2もやる気です。色々踊らされてる感満々ですがやる気です。

フルキス2コンプおめでとうございます!(遅れましたが)
これでいつでもアペンドかかって来いですね!プラットフォームがPCに移った本領を発揮してもらいたいものです。

それではまた!

おかえりなさい!

シヅキさん、おかえりなさい!
復帰お待ちしてましたよー!
お休みの間も来て下さっていたのですね、
ありがとうございます。
こちらこそまたよろしくお願いします!

いや、緋色は本当に絵はもの凄く綺麗ですよね。
つくづく惜しいです。

しかし、あの美麗なCGにもかかわらず、
誰にもキャラ萌えもできなかった私は、
翡翠はレビュー待ちです。
シヅキさんのレビュー楽しみにさせていただきますね!

では、
また是非一緒にいろいろ語って下さいね!


非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。