スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥か4 第一章続き

2008.06.25 23:15|遥か4
実はもう随分進めています。
てか、これはなんてRPG?
これほど萌えが少なくて乙女ゲーと言えるのか。
いや、戦闘とかストーリーはそれほど悪くないんですよ?
でも萌えという点ではどうなんだ。

そして主要キャラを落とさないとサブキャラが落とせない。
サブキャラを落とすためにまた延々とこの物語をやり直すのかと思うと…(別に落とさなくてもいいんですよ)

今は那岐ルートに入っています。
一番盛り下がると聞いたので、最初にやっとくかと。
第一章続きです

えーっとなんだっけ。あ、そうそう村から先に帰った足往の行方がわからず、探し回ることに。門の外に出ると柊がやってきて、足往はレヴァンタの手のものに捕らわれたと教えてくれます。
柊、胡散臭すぎ。そしてベラベラベラベラ……やかましいんですけど。
どうしよう、萌えられるかなこの人に。 アップロードファイル
と思いつつ、最初は那岐狙いなので適当に相手をしておこう。

岩長姫にうまく焚きつけられた形で足往を助けに行くことになりました。
レヴァンタのところへ行く前にともかく戦闘三昧。強くなれ!神子!
という感じで恋愛のれの字も出てきません。天秤揺らすイベントも日常会話の範囲ですしね。

途中土蜘蛛に遭遇。何故か千尋にだけ彼の声が聞こえます。
声が聞こえるのは千尋がワギモだから、みたいなことを言ってます。
ワギモと言われても。千尋にしてみたらそれなに?という感じでしょうが、
「側にいなければ神子を護れない」という土蜘蛛を仲間にしてレヴァンタ邸へ。

そこにサザキたちが立ちはだかります。なにやら契約があるらしい。
サザキたちは瞬殺しましたが、炎の結界はどうすることもできず、一時撤退。

このレヴァンタってのがあっと驚く老け顔25歳。見えないだろ、いくらなんでも。






スポンサーサイト

テーマ:遥かなる時空の中で4
ジャンル:ゲーム

コメント

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。