スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥か4 柊の書その2

2008.07.05 11:19|遥か4
柊ルートでエンディングを迎えても、
大団円での追加エピソードが変わらないってどういうことですか。

そしてフルコンプのオマケもないとは。
追加ディスクで補完なのか、これで放り出されるのか…。


以下、柊EDまで。


柊の書。一章しかないし。

時の狭間を通り、あの日に向かった千尋。
気づくと教室にいます。なにかをしなければ…
と思い出し、那岐を置いてあの場所へ。

「柊…」
「おや、私のことを覚えておいででしたか」
問う柊に、全部覚えている。あなたがどんなに怖い人か、
ひどい人か、哀しい人か、優しい人か!と答える千尋。
「あなたがどんな未来を見ているのかということも」
柊は未来の私は役目を果たしたようだと納得します。

そう、この柊は一緒に時を過ごした柊じゃない。
地の白虎の宝玉で、二人がどんな時間を過ごしてきたのかは
知ることができますが。

アカシャを変えてみせる、あなたを救うために、と宣言すると
「我が君…私と引き換えに世界を滅ぼすおつもりですか?」
「いいえ、神の力でなく私の力で黒い龍を倒す」
漢前です。柊は最初はあきれるものの、
我が君のためなら、と一緒に常世に戻ります。

黄泉路に舞う桃の花。
「私たちが出来なかったことを、未来を変えて」
と、一ノ姫の声が聞こえます。
「ーーー勝手なお人だ」
「中つ国の姫君方は姉妹そろって私に難題をお申しつけになる」
「未来を変えろなどと二人ともおっしゃるなんて、従うのも一苦労です」
まあ、従っとけよ…。自分は諦めてただけなんだから。

そして黒龍と二人で対決します。
そこに麒麟が加勢に現われ、無事勝利。

ちょっと書き方がやさぐれていますが、
柊自身は嫌いじゃないんですよ?
切ない部分もありましたしね。
でも千尋を庇って死ぬあたりは、譲のようだったり、
千尋と過ごした記憶のない柊は知盛のようだったり…。
いろいろ惜しいんですよ…。三木ボイスは堪能しましたが。

EDでは
「柊が一緒にいてくれたら、世界で一番の王になる」
とやっぱり強気で漢前の千尋がいました。
でも制服だよ。どこなんだ、ここは?

そして大団円の追加エピソードでは
やっぱり姿を消すんですよ、コイツは。
どうなっとるんじゃ。

次回、風早です。



スポンサーサイト

テーマ:遥かなる時空の中で4
ジャンル:ゲーム

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。