スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィル・オ・ウィスプ イースターの奇跡 ホブルディ

2008.11.07 10:28|その他乙女ゲーム
短い。

まあファンディスクですから仕方がないといえば仕方がないのですが、
前作をやっていないと、なんでこんなに早く恋に落ちるんだよっ!
という唐突感が否めないかもしれません。

まあ前作も決して長かったわけではないんですんけどね。
私はキャラたちが結構なツボなので、楽しくプレイしていますが、
これは間違いなく前作ファン向けでしょう。

でもスチルがイマイチな気が。

さて、今回からルートが分かれます。
宣言通りルディから。

以下ネタバレしています。
イグニスの復活の後、
行く場所に店を選ぶとルディに会えます。

「いつまであんな辛気臭い地下室にいるわけ?
早く君と話したかったのに。」
と、いきなり不機嫌そうなルディ。
ハンナがルディに会いたかった、と言うまで許してくれません。

その日の夜。
こうして人形に入っていられるのはホーリーウィークの一週間だけだ
という事実を知らされるハンナ。
短い間でも会えないよりはいいじゃない、とルディは言うけれど、
それはどうなんだろう。
かえってつらくなりそうなんですけど。

二日目

前のオーナーに挨拶に行くというルディと一緒にアーヴィンを訪ねるハンナ。
ハンナが訪ねてきたことに大喜びするアーヴィンはルディを見てパニックに。
もはやオーナーでもないアーヴィンに言いたい放題のルディ。
うーん。このルディの辛辣な言いようが結構好きなのよね。

三日目

ウィルに今日の予定を聞かれて考えるハンナ。
「私たちのことは気にせずにいつも通りに過ごせばいい」とジルが言うと、
「悪いけど僕は違うよ。せっかく一緒にいられるのなら、
その間は僕との時間を少しでも増やして欲しいね」
とルディ。この正直者!でもそうだよね。私もそう思うよ。
そしてルディと外出することに。

四日目

どんな人形を作りたいのかを聞きに依頼主に会いに、
この日もルディと外出して、馬車に乗ってピカデリーへ。
君と一緒ならどこでも楽しいと言うルディ。
もう一度人形の身体を得て過ごしてみると、
どんどん欲が出てきそうだと帰り際につぶやきます。

その夜、食事を必要としない人形たちに囲まれて、
一人で食事をすることに違和感を覚えたハンナ。
食欲が出ず、早く寝ると言って部屋に戻ってしまいます。

様子がおかしいハンナを見て、
この一年で、外の世界を知ってしまった彼女には、
もう傍にいるだけの人形だけでは物足りなくなってしまったのだろう、
と話す人形たち。
う…それもまた切ないな。

まあ…よくよく考えるとホラーなシチュエーションだよねぇ。
精霊と思えばアレですが、喋って動いて意志のある人形に囲まれているワケですから。

以前はオーナーがいて、命令には逆らえなかった彼らですが、
今回の復活では精霊としての力も制御されていません。
ルディはその自由さを満喫しています。
まあ以前から言いたい放題やりたい放題な感じだったけど。

続きは次回。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。