スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィル・オ・ウィスプ イースターの奇跡 イグニスルート

2008.11.14 22:00|その他乙女ゲーム
そろそろクリスマスパーティの準備も佳境に入ってきました。
衣装やらなんやら、どうしたものか。

今回は4つのパフォーマンスをプロデュースしているのでちょっと大変。
自分も出演するし…ゴスペルで。
ま、ここでの最後のクリスマスパーティですから頑張ります。

以下、イグニスです。相変わらずの型物です。

一日目

裏庭に行くとイグニスがいます。
探していたと言うと、なんのつもりだ、と脅かされます。
イグニスの意に沿わないことをしてしまったけれど、もう一度会えて嬉しかったと言うハンナ。
「何度も殺されかけた相手に対して、よくそんな呑気なことを言えるものだ」
と至極最もな答えが返ってきました。
でも前作EDでのへたれっぷりを知っているので、微笑ましいです。

二日目

家に残って工房に行こうとしたところでイグニスとばったり。
どことなく居心地の悪そうなイグニスを工房を覗いてみない?と誘います。
作りかけの人形を見せたあと、
「改めて見ると、やはり人形とは滑稽なものだな」とつぶやくイグニス。
そしてハンナと話していることに違和感を覚えてしょうがないと言います。
シャムロック以外の人間とまともに接したことがないせいなのだろう、
と自分を納得させるイグニス。満更でもなさそうなんですが。

三日目

外出せずに家にいるのを選んでイグニスを追いかけます。
地下室でイグニスを見つけると、私のことは構うな、と素っ気ない態度。
そして「おまえは何のために私たちの人形を作った?」と聞かれます。

自分が弱かったからだと、寂しかったからだと言うと、
「孤独の辛さならば、私もよく知っている。…お前が特別弱いわけではない」
「たとえ中身が空の飾りでしかなくとも、お前の支えであったのなら…。それで良い、と私は思う」
とフォローらしきものを入れてくれるイグニス。

それから二人で本を読み始めるものの、うっかり眠ってしまうハンナ。
それもイグニスの膝枕で。
「…何をしているのだ、この娘は…」
ハンナがなぜ自分を気にかけるのかがどうしても理解できず、
困惑するイグニスがかわいい。

四日目

ひとりで出かけるを選択すると、またもやルディのご機嫌が。
「…それって、僕たちが邪魔だってこと?」
いやいや。そうじゃないんだけど。
ともかく一人で出かけることに。

思ったよりも遅くなってしまったので近道をすると、後ろからつけてくる足音が。
怖くなって走り出すと、イグニスがハンナを庇うように現れます。
「敵はどこだ」と剣を抜くイグニスに、
後ろから足音がしたから、と言うと、
家からずっと見ていて、怪しげな人物はいなかった、と答えるイグニス。

お前か。

誤解が解け、ハンナが無事だということに安堵しつつもなんとなく居たたまれない感じのイグニス。

とりあえずお礼を言っておこう。

帰る道すがら、イグニスが何をしてよいのかわからないのだ、と打ち明けます。
精霊としての日々はすでに遠く、人形の身体を得たところで何をすればよいのか、わからない。
何かをするには理由が必要だと、ホーリーウィークが終わって再び精霊に戻ったところで、自分は虚ろなままだと、消滅していた方がよかったんじゃないかと、どうやら大きな不安を抱えているイグニス。

難しく考えないで、まずは自分がやってみたいことや興味のあることを見つけたらどうかしら、と提案するハンナ。
まだよくわからなそうなイグニスも結局はハンナの言う通りにしようと、決心します。

オーナーを持たない特別な精霊人形として存在していたイグニスにとっては、理由もなにもなく、ただただ、そこに在るだけ、ということがどうにも不安なようです。

ウィルには根暗人形とか言われていますが、何百年も孤独の中で過ごしてきたんですから、多少性格に難があっても仕方ないかと。

あ、決してイグニスの性格が悪いわけではなく、人との付き合いや考え方が不器用なだけなんですよ。(とフォロ-してみる)

続きは次回




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。