スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィル・オ・ウィスプ イースターの奇跡 イグニスED

2008.11.15 20:07|その他乙女ゲーム
このゲームは実はもうすっかりコンプリしました。
短いなぁ。まあファンディスクなんですけど。
前作も惜しかったんですよね。
もう少しいろいろシナリオをいじれば
かなりの良作になったと思うんですけど。

ちょっとひと区切りなので、
FF4(DS版)でもプレイしようかと思っています。

以下、イグニスEDです。




五日目

また起こされるのか。と思ったらやっぱり起こされた。
「…一向に起きる気配がないんだが、こういう場合はどうすれば良いのだ」
と困惑気味なイグニスの声が可笑しい。イグニスらしくて。

ハンナを置いて出かけてしまう人形たち。
もちろんイグニスを追いかけます。

追いかけて声をかけても、目を合わせようとしないイグニス。
どこへ行くのか聞くと、ちゃんと戻るから心配するな、
どうしても今ひとりで考えたいことがある、と言われます。
そして出て行っちゃったよ。

リビングに戻ってエミリーとイグニスのことを話すハンナ。
復活したイグニスは人形でいることが苦痛なんじゃないかと言うと、
それはない。誰一人強制もしないのに、この家にいて、
ハンナの食事の時間にはリビングに来ていた。と答えるエミリー。

イグニスは戻ると言ったのだから、待っていようと決心します。

六日目

朝、お前に頼みがあって来たというイグニス。
今夜時間をくれないかと言われます。
了承すると
「いいのか?残された時間は少ない。貴重なその時間を私のためだけに使っても…?」
とおそるおそる確かめるイグニス。
私がそうしたいからいいの。と答えると安心したように笑います。

夜。
迎えに来たイグニスと、一年前の解放の場所へ。
「私はこの場所で長い長い時間をひとりで過ごしてきた
誰も入り込むことのない静寂の中、昼も夜も眠ることなく、
じっと感覚だけを研ぎ澄まして、気配を探していた」
「…自分が殺すべき、人形師の気配を」
荒れ果てた館の中で何百年もただ一人で過ごしてきた、その途方もない孤独。
そして、役目からは解放されたが、自分自身は未だこの地の呪縛から逃れられずにいると告げるイグニス。
「私がおまえをここに連れてきたのは、その呪縛を解くためだ」
なにが自分にできるのか、と問うハンナに、ただ見ていてほしいというイグニス。

崩れ去るシャムロックの館。
「…私はもう過去には縛られない。今を生きる者を、見つめていたいと思うものを見つけたから」
おまえのことを見守っていきたいと願っていると、どうか受け入れてもらえないだろうか。と告げるイグニス。
「私にはおまえしかいない。お前以外のすべてが無意味だ。」
さらに言葉を続けようとするイグニスを遮って問うハンナ。

「どうして私以外のすべてが無意味だなんて言うの?」
「私には居場所も、存在意義もない。ならばせめて、おまえの役に立ちたい。…そう思うだけだ」

不器用なやつ。そんな言い方では気持は伝わらないのに。

それは違う。それは自分が求めていた言葉ではない、
そんなのは嫌だというハンナ。
「守って欲しいわけじゃない。私はただ、あなたに幸せになってほしいだけ」
誰かのために生きることでしか存在価値を得られないと思い込んでいるイグニスが悲しい。イグニスの枷になんかなりたくない!と叫びます。

「頼むからそんなふうに…私を拒絶しないでくれ」
「私は。…ハンナ。ただ、おまえが―!」
と背を向けたハンナを後ろから抱きしめて
「おまえが…笑っていられればいい、と思ったのだ」
それすら許されないなら、どうしたらハンナと離れずにいられるのだ?と問うイグニス。
「私はおまえを離したくない」
義務も感謝も責任もいらない。自分が欲しいのはあなたの気持ちだけだと、
「私はあなたが好きだから、難しい理由も、覚悟もいらないわ」
「ただ一言でいい。…私を好きって言って」

とハンナ自らキス。

「…おまえは私を選んでくれるのか」
そして好きだと告げてくれます。


七日目

礼拝後。「あいつなら外にいる」とウィルに言われて飛び出すハンナ。
泣き出すハンナを見て
「泣くな。お前が泣くと、私はどうすればよいのか…」
とうろたえるイグニス。

これからもずっと一緒にいる、と誓います。

ED
「共にあることそのものが意味を持つ。
私にしてみれば、おまえが何もせずにそこにいるだけでも幸せを感じるのだ」
そんな幸せそうなイグニスに「愛してる」と告げると、
紅茶を吹いた挙句、カップまで取り落とすほどのうろたえっぷり。
ちょっとバカップルな感じの二人でした。

ちょっと不器用で、でも誠実なイグニス。
相思相愛になってからの盲目っぷりは他の追随を許しません。

グリーティングカードもPS本体の日付をいじって全部揃えました。
これもまた、それぞれの個性が出ていて面白い。
特にルディ。やっぱり好きだなぁ、ルディ。

次回はウィルで。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。