スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学園ヘヴン

2004.05.11 21:13|学園ヘヴン
ついにBLにまで手を出してしまいました。(汗)
あ、でもPS2版なので・・・・(言い訳するな)

なんの前触れもなく、ある日突然送られてくる入学許可書、通称「プラチナペーパー」。 それを受け取った伊藤啓太は、全寮制のベルリバティスクールへ転校する事に。そこで繰り広げられる愛と友情、そして陰謀・・・。

正直言って面白いです。(笑) キャラ絵も好みだし、主人公が男の子なのになぜか感情移入ができてしまう・・・。 「星の王女」をプレイしていた時よりもドキドキします。そしてニヤケます。(マテコラ) 魅力的なお相手キャラたちもなかなか作りこまれていて、攻略を進めていくと明らかになる謎などもあり、繰り返しのプレイでも飽きさせません。既読スキップもできるし。

そんな私の最初のターゲットは女王様。ほんとは主人公の啓太がとっても好みで落としたいところなんだけど、さすがにそれはムリなので。
そして女王様。頭良すぎです。でも音痴で運痴なのがカワイイ。やっぱりここは女王様受けのエンディングでしょう、と狙ったつもりが、なぜか女王様攻めエンディングに。あちゃあ、どこで間違えたんだろう? ・・・と思い当たるところからやり直し。 そして見事(?)受けエンディングへ。啓太、アンタって実はそういう性格だったのね・・・。 
とまあ、それほど過激なシーンはありません。スチルの絵も綺麗なので違和感なくプレイしてます。
次は七条臣かな。 あの何事にも動じないような彼をうろたえさせてみたい!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。