スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときメモGS3 桜井琉夏

2010.07.19 23:16|ときメモGS3
ときメモGS3が落ち着いて、今は「華ヤカ哉、我ガ一族」まったりプレイ中です。まったりっていうのは、システムのせいがほとんどなんですけど
しかもこのメーカーさんのヒロインとはいつも相性が悪くてどうなることかと…。まあこのヒロインも微妙ですが、今のところなんとか折り合ってます。レビューはまた後日。

さて、琉夏ですが琥一ほど細かいレポではなく、印象に残ったセリフとか、後半のクライマックスあたり中心です。

以下、琉夏です

2階から飛び降りたり、屋上の手すりを歩いたり、いつも危うい感じの琉夏。同学年でしかもまるで似てない兄弟…。事情がいろいろと想像できるものの、なぜ琉夏があんなにも自分を大切にできないのか、全てのADVを解放すると全貌が明らかになります。

琥一と琉夏は従兄。琉夏の本当の両親は、車の事故に遭って亡くなったんですが、それが自分が病気になったからだと、自分のせいだと思っています。そしてそのことのせいで、周りの人の不幸は自分のせいじゃないかと常に思わずにいられない琉夏。自分は幸せになってはいけないんだ、と思い込んでます。

将来の夢を聞くと

「夢か。んーーー…」
「ノーフューチャー。夢なんてないね」

ぜんぜん?

「ぜんぜん。そもそも将来がない感じ。よくさ、早死にするって言われる」

それは危ないことばっかりするからでしょ?

「あ、そうか」

もう!もっとちゃんとしなくちゃダメだよ?

「ゴメン。でもさ、なんかバカなことやってないと俺…生きてるって感じがしないよ。バラバラになりそう」

そんな…

「そういうワケで、これからもよろしくね?」

3年目の花火大会での特別会話では

「なぁ、俺たちさ、これからも毎年この町の花火、見てるのかな?」

もう三年生だもんね……

「そっか。二人で花火見るの、もう三度目?」

そうです、毎年琉夏と見に来ないとこのセリフは聞けません。

うん、そうだね

「俺さ……オマエの三年間、もらうのにふさわしい奴だった?」

急に、どうして?

「オマエの横にいて恥ずかしくないヤツになりたいよ、俺。ホントだ」

琉夏くん…

「今のその気持ちはゼッタイ本当のことだ。だから……来年の今は、隣にいられるかわからないけど、そのことは忘れないで」

切ないっていうか、なに、このよくわからんセリフ…

花火大会でそんな先のなさそうなセリフを聞いたのは初めてだよ。

いつ死んでもいい…万事こんな感じなんですよね。そして生きることを半ばあきらめかけているような琉夏を絶対に放っておけない琥一。琉夏の心を救いたくても不器用な琥一は、ただただ琉夏を守り、琉夏と同じ場所に立つことしかできなかったんでしょう。

ああ、なんて不器用な兄弟

そんな2人の前に再び現れたバンビ。昔と変わらない子供の頃の淡い初恋の相手。

…どっちかなんて選べない…

ここまで事情がわかってしまうと、兄弟のどっちを選んでもなんだかなぁ。いさかいのないままの三人EDが一番しっくりくるような気がします。

そりゃ子供の頃のままではいられませんけど!

続きは次回に






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。