スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝶の毒 華の鎖(2) 秀雄(軍人)

2011.06.09 16:48|乙女18禁ゲーム
毎朝5時起きでお弁当作ってます。ゆえにこの時間帯眠いです。

が、のろのろしているとまたレビューが書けなくなってしまうので、
心を鬼に!書いときたいと思います。

それにしてもこのゲーム、男どもがすごいなぁ。
みんな一途にヒロイン好きです。
もはや好きの度合いが桁外れなヤツもいます。
それはまたおいおいレビューの中で…。

ゲームの音楽や雰囲気はかなり好きな方です。
BADEDについては賛否両論かもしれませんが、
これもありかな、と私は面白かったです。

まずは幼馴染の秀雄(軍人)から。
ネタバレあります。レビューは乙女18禁です。ご注意を。



まあ最初は無難なヤツからと思い秀雄にしたんですが、
今回の攻略順としては妥当だったと思います。

ストーリーは没落華族の娘であるヒロインの婿探しのパーティから始まります。
ヒロイン気がすすみませんが、政略結婚なんて当たり前の時代です。
ヒロイン1人の力ではもはやどうすることもできず。

パーティに来ていた秀雄に
「秀雄と結婚したら幸せになれるかもしれないのに」
というようなことを言うと
「お前は俺の子供が産めるのか?」
と切り返されます。

やっぱりそこがポイント?

しかしパーティの最中に父親が殺されてしまい、縁談話はうやむやに。

その後、ヒロインと結婚したいと斯波が立候補。
がんがん家にやってきます。
その斯波の情報で秀雄に婚約者がいることが発覚。

いろいろあって(待)
お互いの気持ちを確かめあい、愛をかわす二人。
秀雄は でした…。この堅物め…。

結婚前に深い関係になってしまった二人。
秀雄に婚約者がいるというこの状況を打開するためには、出兵するしかない!

秀雄、勝手にシベリア行きを決定。

秀雄の婚約者は非常に地位の高い侯爵家の一人娘で、
婚約者の秀雄が出兵ということになれば、
万が一でも未亡人にさせないために
婚約を取りやめるに違いないと踏んだわけですね。

秀雄が出兵した後、婚約者である白田佐和子が
ヒロインを訪れます。その佐和子から
「ヒロインにとって秀雄の存在は?」
と聞かれるのですが、ここが分岐になります。
この時に佐和子に「大切な人」ときっぱり伝えないと、
GOOD EDルートには入れません。

まずはGOOD ENDから

白田家との縁談は無事破談となります。
秀雄はヒロインから送られてきた写真に写っていた男が
実は阿片王と判明し、任務もそこそこに帰国してきます。
三郎に襲われヒロイン危機一髪の時でした。

この三郎が…ほんっとうにビジュアル受け付けず。
こんな男には絶対に襲われたくないです。

数年後。
軍を退役し、昔から好きだった鳥類の研究で南の島に来ている二人。
しかもテント生活…。
秀雄はヒロインと長く離れていることが耐えられず、
二歳の子供を祖母に預けさせ、研究に一緒に連れて行く溺愛ぶり。
そして最後の最後に、尾崎家と野宮家の仲がこじれた理由が発覚します…。
それは怖いわ。

BADは秀雄の戦死バージョン「白」と
秀雄が白田家との縁談が断れず、ヒロインは斯波と結婚し、
週一度、秀雄との逢瀬を続けるというエンディング「うそつき」。

こっちのエンディングでは嫉妬のあまり、秀雄に剃毛されるヒロイン。
斯波はヒロインが自分の妻である限りは、
あまり頓着せず秀雄との関係すら楽しんじゃってるらしい。…いいんだ?それで。

ヒロインにはヒロインで斯波に嫁がなくてはならなかった理由があるんですが、
それを秀雄は知らず、裏切られたという思いに囚われて、言葉でも身体でも責めまくります。
しかし最後には「捨てないでくれ」と懇願。
そしてそんな秀雄を変わらず愛しいと思うヒロイン。

こんなことがいつまで続くのか、なかなか微妙な関係です。
なにしろ秀雄はヒロインじゃないと勃たないそうですから。
妻の佐和子はどうしちゃってるのか、…不憫です。

次は藤田で。


















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。