スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風花記 つづき

2012.04.30 10:43|つぶやき
あらっ、いつの間にか一ヶ月放置していましたね。
街はGW一色ですが、今年は我が家は予定がなく…。
家でまったり映画でも見ることにしています。

風花記ですが、もはや記憶も遠く…(待)
メモってるところまでになりますが、アップしておきます。

今はGS3premiumをのんびりプレイ中です。


では続きです。


愛宕山で高杉イベントです。

―――この山にはなにかいる――――

というお告げのような神子の言葉で怨霊探しを。

この時空ではもはや以前培った信頼関係がなかったことになっているので、高杉に対して臆しているような様子が見られる神子に都が疑問を持ちます。まあ威圧的だから、とアーネストの言葉に、龍馬が「一見そうかもしれんが、実のところあれは義にも情にも厚い男だぞ」とフォロー。

この山にいたのは「タカ」と言う名の怨霊で、友人が無事に故郷に戻るまでは、見守りたいから今は浄化しないでほしいと頼まれます。
もちろんわれらが心優しい神子は浄化したりしませんとも。

「ああ、何て、思いやりの深い…私は今、それこそ浄化されたような心地に―――」(桜智)

しかし、なぜ怨霊の言葉を信じる?と高杉に問い詰められます。悪い気を感じないから…と答えるものの、神子は高杉に信頼されていない、とやや落ち込み気味。

「一度決断を下したのなら俺に問われたくらいで怯むな」

高杉は神子の在り方や神子としての自信について、神子にきちんと考えさせたいようですね。

でもこのあと!この先は特別足場が悪いから、と腕を貸してくれるんですよねー。

なにこのアメとムチ。

神子としての在り方に厳しいことをいいつつ、神子の体は労わってくれる……。
なんかこの辺りから、高杉の意外性に翻弄され始めました。前作でもそうだった?????特別印象に残ってないんですが。

さてその後現代に戻ってくると、「タカ」の声が聞こえた神子。高杉と一緒に高台へ行くことに。

道すがら、以前の時空のことに想いを馳せる神子。信頼し合えたと思っていたのに、この時空では初めて会った頃の張りつめた威圧感があって、もう一度仲良くなりたいと願います。

高台にくると、あっとびっくりですが「タカ」がいました。そりゃあ怨霊だから…死なないけどね…。友人は無事に故郷へ戻ったのを確認して未練はなくなったのに、ただひたすら時を経て、現代まで存在し続けたタカ。今こそ浄化して欲しいと神子に頼みます。
「タカ」には高杉の呪詛が見えていて、もうそれほどの長い時間は残されていない、と告げます。そんなことは百も承知の高杉、俺にはまだすべきことがある、当分呪詛に屈するつもりはないときっぱり。
高杉ほどの強い精神力があれば、確かに呪詛も抑えられないこともないかもね。

帰り道。
乱世を生き抜くためには志が必要だと言う高杉。
たとえ外から見れば偏りのあるものだとしても…捨てるわけにもいかない、譲るわけにもいかない、そういう己だけの定義を志と呼ぶ。それは神子にも必要だと。そして
「今、お前に確固たる志はあるのか?」と問われます。
「争いのない世が実現すればいいと思っています」
と答えると、
そんなものは理想論で不可能だとわかるはずだが、それが神子の志なら否定はしないと高杉。

志を分かち合いたいと言う神子に、
「お前が真に、俺と志を交わしこの身を八葉の縁に留め置きたいと思うなら――その剣で示してもらおう。お前の抱く、ゆるぎない力と覚悟を」

えー剣?どっかの銀髪を思い出しました…。

剣の勝負。勝てるわけないけど受けないと話が終わってしまうので受けます。

夕陽の砂漠で打ち合う神子と高杉…。

「俺を見ろ」(ここヴォイスあり)
「―――お前に問おう」
「俺はお前の何だ?」
「高杉さんは…私の八葉です」

そして剣の勝負に負けたところで、
高杉は神子の器であることを早い段階から認めているし、八葉の任をおろそかにする気もない、と告げます。
そして神子が自分を信頼しきっていないと、俺の言動に怯んだり離脱を恐れたりするのは、もとを正せば俺に対する不信からだろうと鋭いところを突いてきました。

ともかくこれでもう気後れするな、と帰路につきます。

自宅に戻ると、高杉と神子が二人で出かけたことで、八葉&都の間でちょっとした騒ぎが。
さらにずいぶん前からお嬢を気に入ってんだろ?という龍馬のセリフに高杉が
「わかるか?」と答えたものだから気が気じゃない都。
「高杉―――油断ならないヤツ」
「おうよ、あらゆる意味で、豪胆だからな。あいつが恋敵だとすればなかなか手強そうなんだよなあ…」と龍馬もやれやれという雰囲気でした。

なんだかメモここまでなんですけど… 
あらためて読んでみるとやっぱりなかなか面白いですね。
続きはそのうち…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。