スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華アワセ 共通ルートレビュー

2012.12.20 23:35|華アワセ
今日は寒かったですね~。
華アワセですが久々に面白くて、詳細レビューすることにしました。
まあ、もしかしたらそのうち挫折するかもしれないんですが…

今蛟編をおさらいしています。
全員のルートが終了しているので、また違った視点から彼らを見ることができるのも面白いです。それにしてもそれぞれのルートで皆が少しずつ壊れていく中で、やっぱり唐紅は漢でした。

以下ネタバレしています。

プロローグ

ツキの半身と名乗る誰かから呼びかけられます。どうやらここは奈落らしく、元の世界に戻るように、次に目覚めるときにある手をつかむようにと言われます。
目が覚めるとそこは病室。
超絶美形の青年が枕元にいて、自分を覚えていないのか?君は事故に遭ったが命に別状はないから、しばらく安静にするといいと告げて去っていきます。

気づけばそこに鬼札が。
美形の彼の落し物だと思い、回復してから彼が着ていた制服を頼りに華園へ向かいます。
華園とは華うつし専門の学校。

同級生のショウくんとアイちゃんとともに訪れた華園。門を入ると、なにやらものすごく歓迎してくれている美少女が出迎えてくれます。そして例の美形も。

ここで、美形は華詠・いろは、少女はいろはの水妹・百歳と判明します。ふたりともなぜかヒロインの名前を知っています。

ヒロインがいろはに事故の際に助けてもらったお礼を言うと「責務を全うしただけ」と木で鼻をくくったような返事が返ってきます。
ベッドにあった札も、札がヒロインを選んだからそれはもうヒロインのものだと言ういろは。なんだか取りつく島がないヤツだよ…。

そして、百歳からはその札は招待状だから、今日からでも華園の生徒になっていいと唐突な申し出があります。
驚くヒロインですが、もともと華うつしに興味があったヒロイン、思い切って転校を決めます。

「誰を選ぶか…それが、彼女の命を決めるはず。願わくば…いや、それはかなわぬ望み」

いろはのモノローグが入ります。


さて転校したヒロインを待ち受けていたのは、どの五光に属するかを決める儀式。
五光とは華アワセを行える使い手の称号であり、ヒロインが彼らの命運を握るツキと百歳から聞かされます。
もちろんここで鬼札が選ぶのは蛟。蛟編ですからね…。ああでもできれば唐紅を選びたい。いつ発売かな~唐紅編…。

もとい。ここでOPムービー入ります。
これがまた、カッコイイ。

札が選んだのは蛟のいる鴻鵠組。ざわめく周囲。鴻鵠組の水妹たちはまったく納得していません。

「よりによって蛟を選ぶたあね、こいつはお笑いだ」
と唐紅。そしてタイプだから考え直して俺の女になれ、とか言われます。しかしそれはいくら管理人がしたくてもできないので、続けます。

鬼札を受け入れる覚悟はあるのか、あるなら証を見せよと理事長に言われた蛟に、ヒロインいきなりチューされます。あ、ここでは頬でしたケド。

なにがなにやらわからないヒロインに、
鬼札に選ばれたことで、この華園において唯一の泉姫候補になったのだと、さらに、泉姫候補はひとりの華詠を選び、水妹としての力を注ぎ、その華を咲かせる水の役目であり、その力の投与は使い手の接触(たとえばキス)とかで行われると、百歳が説明してくれます。

しかし、今後一切君には触れないという蛟。オイオイ…。初回プレイでは、なんちゅう堅物。と思いましたが、後々これがはからずも嘘八百ってことになります。

そんなこんなしているうちに温室で発生したうつろひ騒ぎ。ヒロインいきなり華アワセに臨むことになります。初回はコツがわからずなかなか勝てませんでしたが、データ引き継ぎができるので、2回目からは楽勝になります。
レベルを上げ限界突破して技を重ねがけすると、1万点以上のダメージも。

蛟の水妹になったことに納得のいかない鴻鵠組の水妹、葵。葵は優秀な水妹であるとともに、蛟のいとこであり、そのことについて特権意識を持っています。
その葵がふいに現れた泉姫候補のヒロインに敵愾心を燃やさない訳がなく、あらゆる場面でヒロインに敵対します。結局斧定先生の介入で、葵と華闘することに。

蛟のルートでは姫空木がなにかと出張ってきます。二人をくっつけようと努力しているようにも見えますが、別ルートの彼を知っているので、なんとなく複雑…。

続きは次回に。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

蓮

Author:蓮
ゲーム歴?年。DQ、FFシリーズはもちろん、ときメモGSから乙女ゲーにハマりました。レビューはネタバレ上等なのでご注意を。
2009年、4年半の海外生活を終えて日本に戻って来ました。これでリアルタイムでゲームができる!と喜んだのも束の間。日本の生活は忙しい~。
*あまりにも関係のないトラバ&コメントは削除させていただきます。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。